いさなに込めた想い

 

いさな(鯨魚・勇魚)とは鯨の古名。

万葉では、海にかかる枕詞として使われています。

鯨とともに歩んで来た歴史・文化を大切にし

これからも海からの恵みを大切にしていきます。

RSS Feed Widget

太地は日本における古式捕鯨発祥の地だと言われます。

町全体が熊野灘に突き出した小さな半島で、

雄大な熊野灘を望む海岸線は

吉野熊野国立公園に指定されています。

古式捕鯨発祥の地 太地

太地の美味・温泉・ふれあい

くじらの博物館まで徒歩約10分。会いに来てね

紀伊半島の南端、明るい太陽と黒潮のかおり漂う

太地の町にあります。

眼下に広がる太平洋、行き交う漁船、夜を彩る漁り火など、一幅の絵の如くあなたの旅情をなぐさめてくれるでしょう。

湧き出る温泉は、神経痛、リュウマチなどによく、熊野灘を眺めながら、心身ともにあなたの疲れを癒し、きっとご満足いただけることと思います。

ご家族づれ、またはグループのレクリエーションにお気軽にご利用下さい。

お料理も新鮮な海の幸を取り揃えております。

いさなの宿 白鯨

 

〒649-5171

和歌山県東牟婁郡太地町大字太地2973-4

 

Tel.:0735-59-2323

Fax.:0735-59-2324